1. ホーム
  2. なかよし情報
  3. 20140810号 タイトル:「パパ何してるの?」

昨日、台風11号に備えてベランダに置いてあった鉢植えなどを室内に移したり、固定し たりして来襲に備えましたが、福岡地方は大きな影響を受けずに済みました。今、この メルマガを書いている時点では四国に上陸というニュースが流れていますので、大した被 害がなければと思っています。

昨夕、台風の雲の切れ間から美しい夕焼けが拡がりました。ベランダに出て、刻々と変 わっていくその様子に見とれてしまいました。台風の暴風雨圏に入っているので普段あま り見ることの出来ない複雑な様相でした。低層の雲と高層の雲がそれぞれに違う方向 に動きつつ、その色と形を刻々と変えていく様を観ていると、時間の経つのも忘れてしま いました。


ベランダから観賞した「夕焼けショー」 8月9日(土)19:00ころ撮影


6月に行われた「ふくおか不登校フォーラム2014」(主催:不登校よりそいネット連絡協 議会)の冒頭で、「不登校の基本的理解」というテーマで短い講演をさせてもらいました。 その中で、不登校は大人社会の競争主義、学歴主義、拝金主義など「自分さえ良け ればよい」という考え方が、子どもたちの精神的な成長を阻害することによって生じている ということを述べました。

もちろん、個々の家庭の事情も反映していますが、全国に17万人の不登校児童生徒 がいること、70万人ものひきこもりの若者がいることは、社会問題として根底に共通する ものがあるからです。それが競争主義(勝ち組になれば人の上に立てる)、学歴主義(高 学歴ほど幸せになれる)、拝金主義(お金さえあれば何でも出来る)ではないかと思って います。

このような考え方のどこが問題なのかが分からないくらいに私たちはどっぷりとこのような考 え方に浸かってしまっているのではないでしょうか。そのことを考えるために、自分自身の利 己主義的な言動について考えてみました。自分では気が付かないで、過ごしていること が多いので、すぐには思い当たりませんでした。

そんな時に思い出したのが次のことです。子どもが小さかった頃、時々、近くのスーパーに 娘を連れて買い物にいったときのことでした。牛乳パックが並べてある冷蔵ケースのところで 立ち止まり、パックに表記してある賞味期限を見ながら、出来るだけ新しいもの(後ろの方 に並べてあるパック)を選ぼうとしていました。

その様子を見て、娘が「パパ何してるの?」と尋ねました。私は「できるだけ新しいのを選 んでいるんだよ。」と答えました。すると、娘は「古い牛乳は誰が飲むの?」と。私は言葉 に詰まりました。

「他の人が飲むからいいんだよ」などとは言えませんでした。でも、その時は自分の行為を 正当化するようなことを言って、その場をしのいだと思います。娘のその一言は、私の心に 棘のように刺さりました。他人のことをすっかり忘れている自らの行動に気付くことが出来 ました。

今、思い返すと娘は不思議に思うと同時に、残念に思ったのではないでしょうか。父親は 古い牛乳を飲む人のことを考えないのだろうかと。常々、「人には優しくしなさい」「思いや りを持ちなさい」と言っている父親が、目の前で「自分さえ良ければ」という行動をしている のですから。

このようにして、元々素直で誠実に生まれてきた子どもたちは親や大人たちの言動の矛 盾に気付き悩むのではないでしょうか。そして、少しずつ悩みながらも、「自分さえ良けれ ば」という利己主義的な考え方に染まっていくのではないでしょうか。悲しいことです。とて も残念なことです。

このような私たち大人の言動が子どもたちを苦しめ、悩まし、結局は歪めていき、生き苦 しくしているのではないでしょうか。しかも、その私たちが、そのことに気付いていないという 二重構造になっているので、とても厄介な状態なのだと思います。

今こそ、私たちが大人が日常の暮らしを見つめ直し、自らの生き方を利他主義に切り替 えていくことで、子どもたちを苦しめている「自分さえ良ければ」という社会気風を心豊かな ものにしていく必要があるのではないでしょうか。お互いにその生き方、考え方を見合いな がら、生きていけばきっと子どもたちも私たちも幸せになっていくのではないでしょうか。いか がでしょうか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■■■■■      催しのご案内    ■■■■■■

デンマーク留学報告会:幸福度世界一の国デンマークから学ぶ

7月13日にデンマークの国民高等学校「日欧文化交流学院」の学院長錢本隆行氏 を招いて講演会を開催しました。50名ちかい方が参加されて熱心にデンマークの幸福度 についての講話に耳を傾けておられました。



★7月13日の第14回デンマーク講演会の様子

その日欧文化交流学院にこの春、短期留学をされていた井上直子さん(23歳)の留 学報告会を開催します。若い人がみたデンマークの幸福度とはどういうものだったのでしょ うか。その体験などを報告して頂きます。参加者の皆さんからの質問にも、お答えして頂き ます。

 私たちの住む福岡、そして日本を、本当に住み良い場所=幸福度の高い地域にするに はどうしたら良いかを、共に考えてみませんか。皆様の積極的な参加をお待ちしています。

●開催日時:8月24日(日)16:15〜18:00(開場:16:00)
●主催:教育文化研究所
●講師:井上直子氏(デンマーク研究会会員)
■開催場所:環境未来センター希望 研修室
福岡市中央区薬院4-3-7フローラ薬院2F 新川町バス停下車徒歩1分
(バス路線[51] 柏原営業所行又は[52] 桧原営業所行)
※西鉄電車薬院駅下車・地下鉄薬院大通り駅下車:徒歩10分
■参加費:500円
■定員30名 (※定員になり次第締切り)
■参加申込:FAX 092-923-9339 メール nakayoshi@kyoikubunka.com
■お問合せ:教育文化研究所 TEL 092-923-9339(10:00〜18:00)

★★★  好評につき「不登校講座」(3期)受講生を追加募集中です ★★★

   【この講座は不登校や不登校傾向のある児童生徒の保護者のための講座です】

8月2日(土)から「不登校講座」(3期)が開講します。不登校体験のある若者や 保護者などの体験談を聴いたり、進路についての詳しい説明や、不登校の正しい 理解を得る連続5回の講座です。毎回、参考になるカリキュラムが組まれています。 是非ご参加下さい。


     ★第2期の不登校講座の様子。※28日は第2期第4回を開催します。

■主催:不登校サポートネット 後援:福岡市教育委員会
●講師:長阿彌幹生(教育文化研究所代表・不登校サポートネット代表)
●開催日:8月2日,8月16日,8月30日,9月13日,9月27日
       いずれも土曜日10:00から
■開催場所:不登校サポートネット 研修室
福岡市中央区薬院4-3-7フローラ薬院2F 新川町バス停下車徒歩1分
(バス路線[51] 柏原営業所行又は[52] 桧原営業所行)
※西鉄電車薬院駅下車・地下鉄薬院大通り駅下車:徒歩10分
■参加費:各回2000円(※初回のみ2500円・資料代込み)
■お申込み:お名前(フリガナ)・住所・連絡先電話・メールアドレス・お子様の
 状況を簡単に記して以下のFAXか、もしくはメールアドレスの「不登校サポー
 トネット講座係」宛てお申込み下さい。
 @TEL092-406-8815 Aメールinfo@futokosien-net.main.jp
■お問合せ:不登校サポートネット 
 TEL092-406-8815 (※土日祝のぞく平日10:00-15:00)
★★★★★★★★ 春日市 不登校講座及び不登校サポーター養成講座 ★★★★★★★

★春日市不登校サポーター養成講座を開催します!

●不登校や不登校傾向にあるお子さんを抱えている保護者を支援するにはどうしたらよ いかを、正しい不登校理解を行いながら学んでいく講座です。福岡市で開催され、多くの サポーターを生み出している人気の講座が春日市でも開催されます。支援者の皆さんに は是非参加してもらいたい講座です。
●主催:えがおの会 後援:春日市・春日市教育委員会
●講師:長阿彌幹生(ちょうあみみきお・教育文化研究所 代表)
●開催日:9月2日(火)、9月16日(火)、9月30日(火)、10月7日(火)、  
     10月14日(火) 各回とも10:00-12:30(※5回連続講座)
■開催場所:春日ふれあい文化センター (春日市大谷6丁目24番地)
■対象者:不登校に悩む保護者の支援に当たる方(民生委員、主任児童委員、不登
 校支援に当るNPO,任意団体関係者、学校関係者等)
■参加費:各回2000円(※初めての方のみ2500円・資料代込み)
■お問合せ・お申込み:お名前(フリガナ)・住所・連絡先電話・メールアドレス・お子様の
 状況を簡単に記してお申込み下さい。
 ?FAX 092−592-3369(杉浦) ?メール egaonokai.jimu@gmailcom

  ★春日市不登校講座を開催します!

●不登校児童生徒の保護者の皆さんがどのように子どもと向き合うかの基本姿勢を学び、 子どもが元気で明るくなっていくことを目指します。不登校への理解、親子のコミュニケーショ ン、これからの対応などを、講話や体験談発表などを聴きながら 共に考えていく講座です。
●主催:えがおの会 後援:春日市・春日市教育委員会
●講師:長阿彌幹生(ちょうあみみきお・教育文化研究所 代表)
●開催日:9月2日(火)、9月16日(火)、9月30日(火)、10月14日(火)、
      10月21日(火) 各回とも13:30-16:00(※5回連続講座)
■開催場所:春日ふれあい文化センター (春日市大谷6丁目24番地)
■対象者:我が子の不登校や行き渋りに悩む保護者
■参加費:各回2000円(※初めての方のみ2500円・資料代込み)
■お問合せ・お申込み:お名前(フリガナ)・住所・連絡先電話・メールアドレス・お子様の状
 況を簡単に記してお申込み下さい。
 ?TEL090-4513-7531 ?メール  sugiura5938topaz.plala.or.jp
★★★★★★★★ 「不登校で悩む保護者の個別相談会」 ★★★★★★★

★春日市不登校サポーター養成講座を開催します! ●不登校や不登校傾向にあるお子さんを抱えている保護者を支援するにはどうしたらよ いかを、正しい不登校理解を行いながら学んでいく講座です。福岡市で開催され、多くの サポーターを生み出している人気の講座が春日市でも開催されます。支援者の皆さんに は是非参加してもらいたい講座です。
●主催:えがおの会 後援:春日市・春日市教育委員会
●講師:長阿彌幹生(ちょうあみみきお・教育文化研究所 代表)
●開催日:9月2日(火)、9月16日(火)、9月30日(火)、10月7日(火)、  
     10月14日(火) 各回とも10:00-12:30(※5回連続講座)
■開催場所:春日ふれあい文化センター (春日市大谷6丁目24番地)
■対象者:不登校に悩む保護者の支援に当たる方(民生委員、主任児童委員、不登
 校支援に当るNPO,任意団体関係者、学校関係者等)
■参加費:各回2000円(※初めての方のみ2500円・資料代込み)
■お問合せ・お申込み:お名前(フリガナ)・住所・連絡先電話・メールアドレス・お子様の
 状況を簡単に記してお申込み下さい。
 ?FAX 092−592-3369(杉浦) ?メール egaonokai.jimu@gmailcom

■■■■■■  教育文化研究所の主催・関連イベント紹介 ■■■■■■

★教育文化研究所主催の研究会は誰でも参加出来ます。遅刻や早退も自由 です。
気楽に参加下さい。一緒に“なかよ し”について考えましょう。
※日程が変更になる場合もありますので参加の場合は担当窓口へ確認下さい。
★主催が教育文化研究所以外の場合は事前に主催者へお問合下さい。
 
教育文化研究所
〒818-0081福岡県筑紫野市紫2-7-21-801
電話 092-923-9339