1. ホーム
  2. なかよし情報
  3. 20140529号 タイトル:「本当の“なかよし”とは?」

5月も残り3日となりました。気温も30℃を超えるようになりました。これから日一日と夏に近づいていくのでしょうね。地球温暖化の加速も相まって、今年の夏は昨年にも増して暑くなるのではないでしょうか。水分補給などをこまめに行なって熱中症などに気を付けましょう。私は昨年からは男性用日傘をさして歩いています。これはいいですね。まだ使われていない男性にはお勧めです!


夏の花「睡蓮」が咲き始めました。筑紫野市武蔵寺にて 5.15.14:00撮影


私はここ20年ほど、どうしたら人間同士が仲良く助け合って生きていけるのかという テーマ=“なかよし”について考えてきました。今では“なかよし”についての研究会を 年間に50回ほど開催したり、人権などの講演会で講演を依頼されたりして、多くの 人たちとこのテーマを考え、話し合う機会を得ています。

“なかよし”を研究し始めた理由は、わが子の不登校と向き合うなかで、私が人と仲良 く生きていくことを忘れていることに気付いたからです。いつも、相手と比較しながら “優劣”や“勝ち負け”にこだわって生きている自分の姿に気が付いたからです。

この窮屈な生き方からどうしたら抜け出ることが出来るだろうか?と考えたときに、そ の対極にある“仲良く助け合う生き方”=“なかよし”とは、どういうものか?どうしたら そのような生き方が出来るのか?を考えることで、自ずと見えてくるものがあるのでは ないかと思えたからです。

あれから20年。自分の暮らしの中での具体的な怒りや不安、疑念などについて、その 実態に迫ろうと日常の“些細な出来事”から検べてきました。自分ひとりで熟考したり、 他人に意見を求めたり、書物で学んだりしながら、一つひとつを丁寧に考えてきました。

そして今、研究の途上ではありますが、私なりに“なかよし”について思えることがあり ます。それは、「“なかよし”は自分と相手との間に成り立つものではなく、自分の中に あれば成立する。」というものです。

私が「仲良くしよう」というメッセージを伝え、相手も「仲良くしよう」というメッセージを返 してきたら“なかよし”が成立するものと思っていたときには、自分と意見の違う人や、 さらには反対意見の人とは仲良く出来ないし、そうする必要も無いと考えていました。

しかし、これでは結局は本当の“なかよし”にはなれないと思いました。世の中で、一 般的に“なかよし”という言葉が使われている場合は、同じ意見、同じ利益などを共有 する仲間=狭い人間関係になっていますが、これでは、“なかよし”が対立の火種にな ってしまいます。

好き・嫌い、相性の良し・悪し、意見の同・異、相手が「あなたは嫌いだ」「一緒にやり たくない」と言ったとしても、自分の苦手なタイプだとしても、本当の“なかよし”ならば 成り立つのではないでしょうか。

それが成り立つのは、相手を“今という時代を共に生きている仲間”として意識できる かどうかにかかっているように思えます。そういう意識が持てるならば、対立や反目は 一時的に生じたとしても、やがて氷解し、共に支え合い、協力して生きていけるのでは ないでしょうか。

“今という時代を共に生きている仲間”というのは観念ではありません。事実です。そ の事実を認める冷静さと勇気が私たちに求められています。そのことでお互いを認 め合い尊重し合う、「本当の“なかよし”」が実現するのではないでしょうか。

21世紀は「本当の“なかよし”」の時代です。グローバルな拡がりの中で、“共に生き る仲間”という意識がどれくらい持てるかどうかが、軍事紛争、地球温暖化などの困 難な問題を解決の方向へと導くことに繋がるのではないでしょうか。今、その意識を 持てる人=“なかよし人間”が必要とされています。

これからも、“なかよし人間”を目指して、練習の日々を送っていこうと思っています。 一緒に歩んでいきませんか。そうして、対立や反目、紛争や戦争などの無い、「本当 の“なかよし社会”の実現を目指しましょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■■■■■      講演会 ・ セミナーの紹介    ■■■■■■

★★★「ふくおか不登校フォーラム2014」★★★

「ふくおか不登校フォーラム2014」は不登校に悩む当事者の方々が、子どもたちの現状 やこれからのことについて、支援者・支援団体及び教育委員会、行政関係部局の皆さん と共に考え、より良き未来への方向性を見出す場です。不登校が問題なのではなく、不登 校を考えることを通して子どもが、親が、学校が、地域が、より良いものになっていくことを 目指します。当事者の方はもちろん、関心のある方々等、より多くの皆さまのご参加をお 待ちしています。




■開催日時:6月14日(土)・15(日) 10:00〜16:00(9:45開場)
■開催場所:福岡市立中央市民センター(福岡市中央区赤坂2‐5‐8)
■参加費1000円(2日間通し) ※18歳以下無料申込
■問合・申込:092−406−8815「不登校ほっとライン」
■詳しくはふくおか不登校フォーラムのホームページをご覧下さい。
 http://futokosien-net.main.jp/item/info/index.html

★★★★★★★★  第14回 デンマーク講演会   ★★★★★★★

   「理想の教育を考える〜デンマークにおける先進的に取り組みに学ぶ」

今回はデンマークの国民高等学校の学院長をされている銭本隆行氏を迎え、デンマーク での福祉や教育などについて、昨年に引き続き最新の情報を講演していただきます。幸 福度世界一だけではなく、民主主義度世界一にも選ばれたデンマークで行われている様 々な取り組みなど、興味深いお話を聴くことができるのではないかと思います。

今回はデンマークの義務教育で導入されているAKTという役割を担った職員が果たす、 いじめの早期解決や円滑な学級運営への機能なども紹介して頂き、深刻化している「い じめ問題」などにも参考になる内容になることでしょう。講演会の第2部では、参加者 の皆さんからの質問に、デンマークについて様々な観点からの説明や紹介をして頂きま す。 

私たちの住む福岡、そして日本を、本当に住み良い場所=幸福度の高い地域にするには どうしたら良いかを、銭本氏の示唆に富んだ講演で共に考えてみませんか。皆様の積極 的な参加をお待ちしています。

●開催日時:7月13日(日)13:30〜16:00(開場:13:00)
■開催場所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター) 研修室
TEL: 092-262-8464 (地下鉄中洲川端駅から徒歩1分の博多リバレインビル10階)
■参加費 :1000円 
■全席:自由席 定員50名 (※定員になり次第締切り)
■参加申込:(1)FAX 092-923-9339 (2)メール wlmailhtml:nakayoshi@kyoikubunka.com
■お問合せ:教育文化研究所 TEL 092-923-9339(10:00〜18:00)
★★★★★★★★  「不登校講座」(2期)が開講しました。   ★★★★★★★

  【この講座は不登校や不登校傾向のある児童生徒の保護者のための講座です】

5月24日から「不登校講座」(2期)が開講しました。初回は不登校の正しい理解に ついての講義と不登校体験者の体験談発表などが行なわれ、2時間半の講座が終了しま した。残り4回の講座では保護者の体験談発表や、進路について情報提供なども行なわ れて、参考になるカリキュラムが組まれています。途中からでも受講できますので是非 ご参加下さい。第2回目は6月7日(土)10:00〜です。

★第1期の不登校講座の様子。※講義や体験談発表、ディスカッション等多彩な内容です。


●講師:長阿彌幹生(教育文化研究所代表・不登校サポートネット代表)
●開催日:6月7日(土),6月28日(土),7月5日(土),7月19日(土)いずれも10:00から
■開催場所:不登校サポートネット 研修室 (福岡市中央区薬院4-3-7フローラ薬院2F)
※西鉄バス停:新川町バス停下車徒歩1分
(バス路線[51] 柏原営業所行又は[52] 桧原営業所行)
※西鉄電車薬院駅下車・地下鉄薬院大通り駅下車:徒歩10分
■参加費:各回1500円(※初回のみ2000円・資料代込み)
■お申込み:お名前(フリガナ)・住所・連絡先電話・メールアドレス・お子様の状況を簡単に記して以下のFAXか、もしくはメールアドレスの「不登校サポートネット講座係」宛てお申込み下さい。@TEL092-406-8815 Aメールinfo@futokosien-net.main.jp
■お問合せ:不登校サポートネット TEL092-406-8815 (※土日祝のぞく平日10:00-15:00)
■主催:不登校サポートネット 後援:福岡市教育委員会

★★★★★★★★  「不登校で悩む保護者の個別相談会」   ★★★★★★★

わが子の不登校や不登校傾向に悩む保護者の方と個々のケースに応じた対応を共に 考えるために個別相談を行っています。相談員は、私が自分の体験や支援活動などの 経験を踏まえながら、一緒にその解決の糸口を探ります。遠慮なくご利用下さい。
■相談員:長阿彌幹生(教育文化研究所代表・不登校サポートネット代表)
■申込・問合:092−406−8815「不登校ほっとライン」
■相談時間:60分 
■相談費用:1000円
■面談場所:不登校よりそいネット事務所(福岡市中央区薬院4-3-7フローラ薬院2F)
■相談日:随時
★面談日時や場所は最終的に申込者の方との調整で決定しています。
 
教育文化研究所
〒818-0081福岡県筑紫野市紫2-7-21-801
電話 092-923-9339