1. ホーム
  2. なかよし情報
  3. 20130609号 タイトル:不登校当事者の体験談を聴きませんか

先週は、私たちの活動がNHK総合テレビで福岡放送局をはじめ九州・沖縄の放送局で紹介されました。5分間という短いの時間の中に、私たち活動内容やメッセージが簡潔にまとめてあり、本当に嬉しく思いました。テレビをみて多くの皆さまから感想や励ましの電話やメールを頂きました。心より御礼申し上げます。これからも、お互いが支え合い、助け合っていくような社会の実現に向けて活動を進めていきたいと思っています。よろしくお願い致します。


★ドクダミの花  今が満開です。地味ですが、なぜか懐かしい花です。
筑紫野市武蔵寺の心の字池の畔にて撮影



今週の15日(土)と16日(日)の2日間、官民共働での「ふくおか不登校フォーラム2013」があいれふ(福岡市婦人会館)で開催されます。主催は不登校生徒児童やその保護者を支援するNPO団体や行政関係部局などで結成された 「ふくおか不登校フォーラム2013実行委員会」です。メインプログラムは10階講堂での「体験談を聴く」です。

2日間にわたって、若者の不登校体験談、保護者のわが子の不登校体験談、そして当事者の支援をしている人たちの体験談をパネルディスカッション方式で行います。それぞれのこれまでの経験、思いなど、そして、これからに向けての抱負などを、お話しして頂きます。

私はパネルディスカッションにコーディネーターとして参加します。今まで、色々な機会でコーディネーターをさせて頂いていますが、毎回、私自身にとって刺激的な機会となっています。それぞれのパネリストが、どのタイミングでどう変わったのか?どうしてそうしようと思ったのか?などをお聴きすることで、自分の中にあり、日常の多忙さの中で忘れていた、或いは観ようとしていなかった大切なもの気付く事が出来るからです。


★昨年10月6日の不登校セミナー(不登校よりそいネット主催・会場あいれふ)での体験者によるパネルディスカッションの様子。多くの方々が熱心に傾聴されていました。

「そうだったのか!」「そうだようなあ!」「そんな風に思うんだね。」などなど、驚きや共感など色々な感情や気付きが私の中に起きます。パネリストの何気ない言葉に新鮮さを感じたり、反省させられたり・・・。また、私の発した質問によって、パネリスト自身が気づいていなかった自分の気持ちに気付いたり・・・。

このやりとりはライブ(生)だからこそ生まれるのではないかと思います。予め書かれたものを読み上げるのではなく、その時の対話の中で生れる言葉だからです。コーディネーター役は大変ではありますが、一方でこのような新しい気付きや、新しい繋がりなどが得られる貴重な機会でもあります。まさしく、これこそがコーディネーターの醍醐味ではないでしょうか。どのようなお話を聴せてもらえるのか、どのような気付きが得られるか楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、ふくおか不登校フォーラム2013の内容をご紹介します。

A:10階講堂:不登校セミナー「体験談を聴く」&講演会

15日(土)10:00−11:30 不登校経験者の声に耳を傾ける(若者編)
・不登校体験のある若者三人による体験談発表です。不登校時のこと、どこからどのようなプロセスで今に至ったのか等々をお話しして頂きます。子どもの声を直接聴くことのできない保護者の方や支援者の方には参考になると思います。
    ※定員120名(当日先着順)・事前申込不要 
    ※参加費:500円
  ★お昼の休憩時間13:30−13:50にはムシカ・ディ・クオーレによるバイオリン演奏会があります。※参加費無料

15日(土)14:00−15:30 不登校経験者の声に耳を傾ける(保護者編)
・わが子の不登校体験のある保護者三人による体験談発表です。不登校のわが子とどう向き合ったかなど、親としてどう変わったのか、なぜ変われたのかをお話して頂きます。
    ※定員120名(当日先着順)・事前申込不要
      ※参加費:500円

16日(日)10:00−11:30 不登校支援者の声に耳を傾ける(支援者編)
・不登校当事者への支援活動を行っている人たち、保護者の会の代表者、民生委員、行政担当者、社会福祉協議会の支援員の皆さんにそれぞれの立場から、その支援の内容や、その成果や課題などをお話し頂きます。官民での取組みなど参考になる事例が紹介されます。
    ※定員120名(当日先着順)・事前申込不要 
    ※参加費:500円
  ★お昼の休憩時間13:30−13:50にはムシカ・ディ・クオーレによるバイオリン演奏会があります。※参加費無料

16日(日)14:00−15:30 発達障がいへの理解(講演会)
・講師は宮崎千明氏(福岡市立西部療育センター センター長)です。長年にわたり子どもたちの発達障がいと向き合う中での事例も交えて、発達障がいへの理解を深める機会です。
    ※定員120名(先着順) 参加費:500円

B.分科会はなんと21分科会が開催されます!
 分科会の一部を紹介します。

奨学金講座:15日(土)10:00−随時 16(日)10:00−随時
・進学を考えるときに授業料などの負担が大きくのしかかります。そのために様々な奨学金があります。その情報を提供する講座です。一方でその返済に困るケースも生じています。その点での注意するポイントなどもご紹介します。
    ※資料代:200円
    ※事前申込不要

15歳からのハローワーク:15日(土)10:00−随時 16日(日)10:00−随時
・キャリアコンサルタントと臨床心理士による相談コーナーです。50分間、これからのことなどについて面談に応じます。
   ※要申込:不登校よりそいネット事務局092−406−8815
   ※申込枠が空いていれば、当日も受付可
   ※相談料:無料
   ※事前申込不要

15歳からのハローワーク:16日(日)13:00−14:00
・タイル職一筋の職人の技のお話を聴きながら、中学から就職の道の可能性を探ります。
   ※要申込:不登校よりそいネット事務局092−406−8815
   ※申込枠が空いていれば、当日参加も可
   ※参加費:無料

15歳からのハロースクール:15日(土)10:00−随時・16日(日)10:00−随時
・中学を卒業してから進学先として様々なコースがあるのをご存知ですか?中卒の資格で入学出来る大学、就職率がとても高い職業専門学校等々、いろいろな情報満載の分科会です。
   ※参加費:無料
   ※事前申込不要

お父さん研究会:16日(日)13:30−16:00
・お母さんの話し合う場所は結構ありますが、お父さんが自分の悩みを話し合ったり、考えたりする場は少ない状況です。今回のフォーラムでもお父さんの居場所を開設しました。お気軽にご参加下さい。もちろん、お母さんの参加、ご夫婦での参加も歓迎です。
   ※参加費:500円
   ※事前申込不要

あなたの活動応援講座:15日(土)10:00−随時・16日(日)10:00−随時
・不登校の支援活動をしている方や団体向けに、不登校よりそいネットによる支援についてや、不登校よりそいネット連絡協議会への参加方法などについて、説明や紹介などを行っています。これから活動をしたいという方にもお勧めの分科会です。
   ※参加費:無料
   ※事前申込不要

よりそいサロン&お茶処でこぼこ:15日(土13:30-15:30・16日(日)10:00-12:00
・フォーラム期間中、ちょっと立ち寄って、ご自分の悩みや不安などを、フォーラムの実行委員とダベリングする場所です。実行委員の中にも不登校体験者の方もおられますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
   ※参加費:お茶&飲み物付き500円
   ※事前申込不要

その他にも「医療現場から学ぶ〜不登校は脳疲労から」、「親子料理教室」、アクティブペアレンティングトレーニング(より良い親子関係講座)」、「コミュニケーションワークショップ」、「フリースクール紹介」「通信制・単位制高校等紹介」などの興味深い分科会が用意されています。是非、ご参加下さい。

★「ふくおか不登校フォーラム2013」については「不登校よりそいネット」のHPをご覧ください。
  →http://futokosien-net.main.jp/item/info/index.html
教育文化研究所
〒818-0081福岡県筑紫野市紫2-7-21-801
電話 092-923-9339